50680

建築写真集NO ブログ風 掲示板
建築家の何気ない日々を書きます。書込みも募集中!


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[409] 鳥取島根愛媛旅 Vol.33 最終回 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/10/06(水) 15:48 [ 返信 ]
愛媛旅の伊丹十三記念館を後にして、近くにあるITM本社社屋(伊東豊雄氏設計)を見て、愛媛県総合科学博物館(黒川紀章氏設計)を見ました。四国には伊東豊雄氏設計の建物が非常に置く建築されているのです。まだ完成前だけど、愛媛には伊東豊雄氏の記念館も建築予定ということで、改めてまた来たいなぁと思いました。

そして、電車の時間も迫る中、最後に行ったのは、朝早すぎて見学できなかった、安藤忠雄氏設計の南岳山光明寺へリベンジしました。今回は住職の息子と思われる方がいて、しっかり挨拶してから内部へ。
本堂をぐるりと見るようにして池の周りを歩いてから本堂入り、縦格子から降り注ぐ光の中の回廊をぐるりと回ってひと回り小さな四角い箱。これが本堂の中の本堂となっていました。感動的な内部は写真では伝えきれませんが、この旅のトリにいい建物を見ることが出来て大満足でした。

ITM本社社屋:http://arc-no.com/arc/ehime/ehime-itm.htm
愛媛県総合科学博物館:http://arc-no.com/arc/ehime/ehime-sogokagakuhaku.htm
南岳山光明寺:http://arc-no.com/arc/ehime/ehime-myokoji.htm



[410] RE:鳥取島根愛媛旅 Vol.33 最終回 Name:すわっち Date:2010/10/06(水) 19:42
南岳山光明寺の本堂、不思議な感じですね。
お寺というと障子のイメージですが、これはすりガラスですか?
私は今まであまり旅行をしてこなかったのですが、nobuさんのブログを見ると旅行したくなります
もちろんこれから行けば良いんですけど、まとまった休みの取れる学生時代に、色々な所に行って、ゆっくり見て回ればよかったなぁと、もったいなく思います
建築に関しては、知らなかった部分が大きいので、nobuさんの旅行記を参考にさせてもらいます


[411] RE:鳥取島根愛媛旅 Vol.33 最終回 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/10/12(火) 13:05
障子ではなくて確かアクリル板だったと思います。
確かに旅はホントに楽しいけど、まとまった休みないとじっくり出来ないですもんねぇ。
しかも取れても盆とか正月でめちゃ混みですもんねぇ。
でも、それでも無理してでも行ってしまうのです!



[408] 南国旅 Vol.1 薩摩焼酎の無双蔵 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/29(水) 20:18 [ 返信 ]
先日の鹿児島、宮崎、大分に旅に行って来ました。
今回も主な目的は建築見学なのだけど、せっかくの遠出なので半分は観光を堪能してきました。ということで、前回の島根鳥取愛媛旅とはブログの書き方を変えまして、主に建築以外の内容でお楽しみいただきます!
って、このHPは建築写真のページなのにいいのか!?という気もしますが、お許しを。というか、まだ島根鳥取愛媛旅は完結してませんが…。

写真は鹿児島市の薩摩焼酎「無双蔵」さんの酒蔵です。
鹿児島までは静岡空港から直行便で1時間半ほど。ただ、地方空港ってこともあり、一日一往復しかなく、しかも出発が12時20分という昼間。ってことで一日目はほとんど観光は出来ないのですが、かなり前に予約して航空券をとれば片道2万円以下で行けるなんてなんて素敵なんだろうと感動です。
ということで、この日は建築を見ることはなく、観光へ。
電車で無双蔵さんへ行ったんだけど、ここは酒蔵を見学できるし、試飲しながら焼酎を買えちゃうところなんです。
しかも今回行った時はサツマイモの収穫時期だということもあり、焼酎造りまっ盛りの時期。なんだけど、日曜日の夕方ということもあり他にお客さんがいなかったので、ホントは入れない内部にまで入れてもらえました。しかもずっとつきっきりで色々説明してくれたり、試飲させてもらい大満足です。鹿児島に行く際には是非どうぞ。

無双蔵HP
http://www.satsumamusou.co.jp/



[403] 近況報告? Name:D Date:2010/09/19(日) 16:12 [ 返信 ]
こんにちわ。
昼寝したら nobuと新曲を作ってる夢を見ました。
バラードだったけど どんなメロディだったか思い出せん・・・

だいぶ涼しくなってきましたが、
先日 今の部屋に越してきて初めてゴ●ブリが出て発狂致しました。

 「なんで居るんだよォォオォ―――――――――ッッ!!!!」

ててて徹底駆逐すべく薬局に行ったのに、
もうすぐポイント大幅倍増デーがあるとのチラシを見つけて
「そうか、それならその時にするか。つーか、そもそも何買いに来たんだったかな・・・」
となり帰宅。

 「何してんだよォォオォ―――――――――――ッ!!」

でもあの後、一向に見ないんだよね。
どっか別の部屋からたまたま紛れ込んできただけだといいんだが。

以上です(^^;


[404] RE:近況報告? Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/24(金) 22:30
こんにちは。
ホントにどんな音楽だったんだろうねぇ。気になる!最近は全く楽器を触らない生活をしてるから、何だか夢にでも登場できて光栄です

うちにもゴキブリだけじゃなく、10センチはあるムカデが出たり、蟻も凄い時期があったよ。だから、先日バルサン的な物をやったのだけど凄い威力だったよ。床に落ちてるのは、小さなゴキブリばかりだったけど、10匹以上の死骸が転がっててビックリ。

酷くなってきたらお薦めですぞ。


[405] RE:近況報告? Name:fantas HOME Date:2010/09/28(火) 14:04
カナダに来て一回もゴキ■リ的なヤツは見てないぞよ♡
おいっす!!おひっさ!!前の日記に書き込みしようとしたら失敗したぞよ♡ノブブログ略してノブログをウチの貧相なページの片隅に貼らして頂きました!!ご報告まで^^

[406] RE:近況報告? Name:D Date:2010/09/28(火) 21:56
続きが・・・

その後 スプレータイプのアースなんとかをやったら――――――ッ!!
噴射して外出したら ガス漏れ警報が鳴ったらしく、電話かかってきました。。。

しかし すごい。そんなにバルサンとかやった後って転がってたりするもんなんだね。
10cmのムカデ・・・無理無理無理ィ〜〜〜〜〜


カナダは涼しい?・・・んですよね。
青森の知り合いが居るんだけど、ゴキブリはあんま見ないし
居てもすごい小さいヤツしか居ないという話を聞きましたよ。


[407] RE:近況報告? Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/29(水) 19:38
>fantasさん
ノブログとは、ナイスなネーミングですなぁ。
カナダ留学の威力は凄いですなぁ。って関係ないかっ!
やっぱりカナダにはゴキブリいないんだねぇ。
自分も新潟の大学時代では一回も遭遇しなかったもんなぁ。
リンクありがと。今後ともよろしく。

>D君
あ!そうか!ガス漏れ警報器もそうだけど、煙感知器とか大丈夫なのかねぇ?バルサン的なやつって、セットしたらすぐに逃げちゃうから実際どんな状態で出てるのかわからないだけに、危険だね。

ムカデは、お亡くなりになっていたからいいものの、実は夜中にカサカサなるから電気つけてみたら、枕元でさらに大きな15cm級のが!
何とか捕まえて外に逃がしたけどあれにはびっくりしたぁ。


[400] 鳥取島根愛媛旅 Vol.32 伊丹十三記念館 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/09(木) 23:59 [ 返信 ]
愛媛の旅もいよいよ終盤。
松山市にある中村好文氏設計の伊丹十三記念館に行ってきました。
外層材には焼杉を使用しており、高さを抑えた形状になっています。地上一階建ての建物ではあるのですが、エントランスは1メートルほど地下に潜っていくようなアプローチとなっています。内部は大きな中庭を囲むように回廊が作られていて、気持ちの良い空間となっていました。
入場券を買おうとまっていると、何だかどこかで見たことがあるような方が…。向こうから挨拶してくれたので、普通に挨拶と雑談をして内部へ。
入ってすぐの大きなパネルには伊丹氏の写真があり、その脇には奥さんで女優の宮本信子さんのパネルがありました。

???

あ!さっきの人、宮本信子さんだ!あまりにも普通にいらっしゃったもんだから、全然気がつかなかったというか、居るということは少しも考えれなかったというか、そんな感じの言い訳をしながら握手してもらったり一緒に写真撮らせてもらったり、ミーハーぶり全開に発揮。
どうやら、伊丹十三記念館の館長をされているということで、月に何回かはこうしていらっしゃるとのことで、ファンはその日に合わせて来る人もいるとのこと。自分ってなんという運の良さ♪
当然影響されて、帰ってきてから、ミンボーの女やマルサの女など、借りてきて見ちゃいました。



[401] RE:鳥取島根愛媛旅 Vol.32 伊丹十三記念館 Name:saiki HOME Date:2010/09/13(月) 20:33
またまたスゴイ経験されましたねー。
伊丹さんの映画、著作、すべて好きでした。
なくなられたのはショックですが
作品は永遠ですね。
素晴らしい旅日記、楽しませていただきました。
私もこの夏は、伊東豊雄の建築(岐阜の斎場)や
ねむの木美術館など行きました。
よければブログご覧くださいな。

[402] RE:鳥取島根愛媛旅 Vol.32 伊丹十三記念館 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/15(水) 08:38
>saikiさん
この記念館には、ファンにはたまらないだろうなぁ、っていう品物が沢山飾られていたり、映像資料も多数あって凄く良かったですよ。
ブログ移されていたんですねぇ。ゆっくり見せてもらいますね。

写真は建物内部の中庭空間です。



[399] ヒメ写真集 Vol.18 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/01(水) 18:30 [ 返信 ]
去年の今頃はまさに一級建築士製図試験の追い込み時期だったのですが、そんな時にも姫様は元気にいたずら三昧な毎日でした。
猫って机の上で何かしていると、必ずその上に乗ってきたりするんですよね。雑誌や新聞だけじゃなく、パソコンの上にまで。
そんな姫様が載ってきたのが、製図台の上。追い込み時期の製図では、物凄い勢いで手を動かして、定規を動かしてるせいか、物凄い勢いで狙われるし、製図台の上には気持ち良さそうな紙が置いてあるし、恰好の標的になったようです。
それにしも、あーぁ、ぐちゃぐちゃだぁ。



[398] 鳥取島根愛媛旅 Vol.31 ミウラート・ヴィレッジ他 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/01(水) 10:30 [ 返信 ]
鳥取島根愛媛旅のブログがまだ終わってなかったので、続きを書こうと思います。と言ってももうあと残りはわずかということで、お付き合いくださいまし。
前回の「坂の上の雲ミュージアム」、「萬翠荘」を後にして、安藤忠雄氏設計の「エリエール美術館」(http://arc-no.com/arc/ehime/ehime-eriel.htm)へ向かいました。車で1時間ほどだったと思うのですが、ゴルフ場中にある、丘の上にある美術館でした。内部へは入館料無料で入ることが出来るのですが、とても残念なことに内部撮影は不可でした。しかも、外部は塀と森に囲まれているため、外観をとるのも難しく、お伝えできないのが残念。

その後、長谷川逸子氏設計のミウラート・ヴィレッジ(http://arc-no.com/arc/ehime/ehime-miurart.htm)へ。ミウラート・ヴィレッジは不等辺四角形をベースにデザインされていて、外層は青いタイルと黒色のガルバニウムで作られており、所々赤いアクセント色を配しています。建物自体がアートのような感じになっていました。内部では芸術家が創作活動をしており、その場面を垣間見ることが出来ます。



[395] 藤森照信氏 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/31(火) 17:41 [ 返信 ]
自分は何を隠そう、藤森照信氏の設計した建物が大好きです。静岡県には秋野不矩美術館(http://arc-no.com/arc/sizuoka/sizu-akinofuku.htm)や、ねむの木こども美術館(http://arc-no.com/arc/sizuoka/sizu-nemu2.htm)がありますし、有名なところではツリーハウスの高過庵(http://arc-no.com/arc/nagano/nagano-takasugian.htm)、茶室徹(http://arc-no.com/arc/yamanasi/yama-kiyoharu2.htm)などなど。
実家を建てる時には本気で藤森氏に依頼しようかとも思ってしまったくらい大好きなんです。

そんな話を後輩にしていたこともあり、盆休み後の出社でテンション下がりまくりの時に、素敵なお土産をくれたのです。
休みに後輩が藤森照信展に行った時に、なんと本人がいて、自分の分だけでなく、私の分までサインをもらってきてくれたのです。
もう、ホント嬉しくて、これをもらった時、会社の中ということを忘れるくらい大きい声で喜んでしまいました。自分が会ったわけでもないのだけど、とにかく嬉しい。安藤忠雄氏と会った時もそうだけど、とにかくどんだけミーハーなんだよ!って感じですね。



[396] RE:藤森照信氏 Name:むけつむよ HOME Date:2010/09/01(水) 07:51
おはようございます。

私は建築に関しては全くの素人ですが、2年前くらいに、たまたま「ねむの木学園」に視察研修があって、この美術館も見学してきました。

静岡にこんなところがあったのか!、とまるでそこだけユートピアみたいな感じでした。

学術的には全くわからないものの、私の(勝手な)イメージでは、nobuさん、ここ好きそうと思ったよ。

なんか、「ほんわか」してるよね。行ったことないけど、北欧的な感じもするし、やさしく包まれるような作品でした。ある意味で日本的なニュアンスもあるかも。

また詳しく教えて下さいね!!


[397] RE:藤森照信氏 Name:nobu MAIL HOME Date:2010/09/01(水) 08:42
>むけつむよさん
おはようございます。
ねむの木こども美術館行ったことあるんだね。
「ほんわか」の表現ぴったりだね。確かにそんな感じの、暖かくて、柔らかくて、丸みがあって、自然で懐かしくて、そんな言葉達がピッタリな藤森照信氏の設計なんです。
丸太の柱を化粧材として出しているのは、この美術館でもされてるし、結構他の建築でもされてるのだけど、建物の屋根のてっぺんから松の木を生やしてたり、ゲゲゲの鬼太郎の家のような建物は特徴的です。もう、藤森氏にしか出来ない世界ですな。



[391] 作業着のカタログが凄い! Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/24(火) 10:25 [ 返信 ]
それはとある暑い夏の日の夕方。
いつものように現場での仕事を終え、事務所に戻ってくると、隣の席の事務社員の子がカタログを見ながら何やら悩んでいました。
そのカタログはお洒落な服のカタログ。外国人のモデルがカッコよく写っている。
「何探してるの?」と聞くと、
「作業着なんですけど、どれがいいともいます?」
「ぬ?作業着?」
そうなのです。お洒落な服のカタログかと思ってたのは、作業着のカタログだったのです。
しかも、よく見ると、モデルの格好が凄い。
作業着のカタログだけに、小道具を使ってたりするのだけど、今回添付したのは、その中でもかなり衝撃的なものです。

ちなみに、カタログは「CO-COS」というメーカーのでしたが、他にもいい感じのがあるので今後も紹介しちゃうかもしれません!



[392] RE:作業着のカタログが凄い! Name:TAKA HOME Date:2010/08/24(火) 15:07
えぇ〜〜!!
このモデル、キメ過ぎちゃいまっか??


[393] RE:作業着のカタログが凄い! Name:たま Date:2010/08/26(木) 15:32
これは凄いですね。
モデルのポーズも作業着とは思えないかっこよさですし、そもそも工事屋さんの作業着に、外国人モデルを起用するとは、凄い企業ですね。
でも、このモデルさんが着ると、作業着もオシャレに見えますね


[394] RE:作業着のカタログが凄い! Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/27(金) 00:19
>TAKAさん
ホント、キメ過ぎだよね。
なんか、ギャグでやってるとしか思えない写真だよね。他にも凄いのがザックザックあります。

>たまさん
確かにCO-COSさん、凄いセンスだし、思い切ったカタログですよね。
会社の会議とかで、お偉い人がこの方向性でOKしたのだろうなぁと考えると、ちょっと面白いです。
このかっこ良さに騙されてかったはいいけど、普通だった…ってことが多発しそうですなぁ。


[387] ヒメ写真集 Vol.17  Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/19(木) 07:46 [ 返信 ]
窓の外に付いている虫を狙っている瞬間の写真です。

本の瞬間なんですが、二本足で立っているかのような写真で、熱中している後姿が可愛らしいです。

ヒメの手がぶれて写ってるのは、必殺猫パンチ炸裂の瞬間だったのでしょう。



[388] RE:ヒメ写真集 Vol.17  Name:TAKA Date:2010/08/19(木) 13:29
なんだか、孤独なファイターって感じですね!
明日の試合、がんばれ〜〜♪


[389] RE:ヒメ写真集 Vol.17  Name:すわっち Date:2010/08/21(土) 09:17
確かに仔猫の体型も、絞った体のようですね
しっぽが上がってこちらから見えないのは、安定したファイティングポーズのためでしょうか
こちらもヒメちゃんに夢中になってしまいますね


[390] RE:ヒメ写真集 Vol.17  Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/21(土) 23:37
>TAKAさん
ヒメなら全戦全勝でしょう。
ってくらいに、このころはじゃれまくってましたよ。

>すわっちさん
絞った体ってのは確かにそうですなぁ。
今のヒメからは信じられないガリガリぶりです。

写真はファイティングポーズになる直前の写真です。ここから立ち上がったのです!



[386] みちのくふらり旅 終了! Name:nobu MAIL HOME Date:2010/08/15(日) 07:35 [ 返信 ]
帰って来ました。
3日目は、午後から台風4号の影響で、雨が降るっていう予報を聞いてたので、今日も朝6時から福島県郡山市の建物と、いわきの建物を見て回ってました!

昨日までの疲れ知らずな自分はどこへ行ったのか、朝から眠たいし、筋肉痛で歩くのが大変だし、結構満身創痍と言ったら大げさだけど、疲れが一気に来た感じだったのです。

この旅は本当に天気に恵まれてまして、大体見終わった14時頃までは雨が降らず、レンタカーを返しに行く途中で強烈な雨が降ってくるというタイミングの良さ。ホントラッキーでした。

ってことで静岡に19時頃について速攻で爆睡。
慌ただしい旅でしたが、念願の実況中継もできたし、東北地方の未踏の地も散策できたし、地元の人の優しさにも触れられたし、天気にも恵まれたし、本当にいい旅でした。

次は9月に予定している、鹿児島、宮崎、大分の旅です!これで、建築写真集NOは全国制覇を遂げることになるのです!

写真は北川原温氏設計のビッグパレット福島です。金属を多用した近未来的な建物でした。




[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
21件〜30件(全150件)  135678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板 1616BBS